脱毛を安城市でやるならココの脱毛エステサロンが良いですよ!

MENU

人種や体質によるワキ臭症

 
白人はワキガ体質!?

 

 

アポクリン汗線の数や分泌量が、通常よりも多い体質の人がワキガになります。しかし、これは世界中で見ると変わってきます。まず、白人や黒人ではほとんどに人がワキガ体質なのです。10人のうち約9人がワキガ体質なので、これは一般的な体質として見られています。そのため各人の場合は、ワキガであってもそれほど気にすることはありません。

 

一方、日本人の場合は全く逆です。ほとんどの人がワキガ体質ではありません。10人のうち約1人の割合という少数派です。だからこそ日本人の場合は、余計に臭いが気になると言うわけで、悩む方がいるのです。

 

そしてワキガというのは遺伝もするのです。自分の両親のどっちかがワキガの体質の場合、その子供がワキガになる可能性は半分(50%)とも言われています。しかも両親ともにワキガの場合はもっと確率が上がります。約80%の子供にキガの体質が遺伝すると言われています。

 

人種によってワキガの体質が違ってくるのは、普段の食生活が一番関係しています。欧米人が大好きな高カロリーと高脂肪の食事は、アポクリン汗線の活動を促進しているのです。そして現在は、日本人の食事も欧米型になっています。便利な世の中・仕事が忙しい・・・などの理由で、高カロリー・高脂肪の食事を摂る人が増えています。そのため日本人がワキガの体質になる人が増えているのが現状です。

 

 

耳垢でワキガがわかる