化粧水の効果的やり方

化粧水を作り上げるのに、みんなが「掌」か「コットン」のどちらかを用いると思います。どちらにも一長一短があり、これがマキシマム!と必ずしも言い切れないのですが、効果的やり方を少しご紹介します。

まず、掌を取り扱うシーン、コットンよりもお肌への外敵が少なく、メソッドの温もりで自然と毛穴が変わり浸透しやすいというアドバンテージがあります。但し、恐怖としては、コットンに見比べ、ムラ無く十分に浸透させることが難しいといえます。

逆に、コットンを取り扱うシーン、やさしくパッティングしても掌に比べると多少お肌へ刺激を与えてしまいますが、ムラ無く十分に浸透させることができます。コットンには、ケチらずたっぷりと化粧水を含ませることもライフです。

どちらの場合も、シャンプー以後、できるだけ日数を空けずにケアすることと、「パッティング」といってもパチパチはたくのは言語道断。やさしく押さえてバッチリ広めるというのがポイントです。そして、特に乾燥しがちな目のあたりや口元には、思う存分化粧水を含ませたコットンをのせて5分くらい放置するというのも、効果系統です。参照ページ